藤田一照先生×永井均先生×山下良道先生の鼎談「仏教3.0を哲学する」 | 日々の活動

藤田一照先生×永井均先生×山下良道先生の鼎談「仏教3.0を哲学する」

新宿朝日カルチャーにて開催された、

藤田一照先生×永井均先生×山下良道先生の鼎談

「仏教3.0を哲学する」を拝聴してきました!


やはり真理100パーセントの話は

本当に楽しい!の一言です。


哲学的な解説も、仏教的な解説も

お互いが真理を深めていきます。


お互いの中での微妙なズレを埋めながらより深めていく感じは、このお3方だからこそ成せる事。流石としかいいようがありません。


今日、問題に上がった「慈悲」

R-YOGAでも議論されてきた内容でした。


慈悲の瞑想はいらないんじゃないか?

と慈悲の瞑想を否定される意見もあったり。

でも、私は慈悲の瞑想の必要性を伝えてきました。


5年前に本当の私(第五図の私)を体験し、

3年前、もう一度

山下良道先生の座禅会で再現したのが

山下先生のワンダルマメソッドの中の

まさに慈悲の瞑想の最中だったのです。


「わたしが幸せでありますように」

そう心の中で唱えた瞬間に、もう一度

本当の私が現れたのです。


その私は観音様のように

柔らかで温かい視線で私を見つめていました。


え?まさか私が観音様?

すごくびっくりしたのを覚えています。


以来、山下先生のワンダルマメソッドを

R-YOGAでも使わせていただき、日々続けています。

深い温かい慈悲に触れるたびに

どんどん深まっているのを感じます。


私達の本質は慈悲そのもの。

でも「慈悲」と言葉にしてしまうと

何か内容を示すものになってしまう、

という永井さんの哲学的なご指摘も

また本当に面白く。


たしかに、「それ」は言葉には表せない何か。

その「何か」を追求し深めていくワクワク✨

こんなに楽しい事はないです!

そんなど真ん中にご一緒させていただける

幸せを感じました。


R-YOGAのメンバーと更にその「何か」を

深めていける幸せを感じて

これまでの探求を振り返り

今までブレずにやって来て本当に良かったー!

と心底感じました。


永井先生、山下先生、藤田先生

素晴らしいお話をありがとうございました。

| 12:16 | comments(0) | - | pookmark |
Entry: トップ  << >>

Comment









Page top
モバイル表示